2017/03/04

インフルエンサー

Gから久々にLINEがきた。
S女学院のダンスチームの発表会を観に行かないか?という

S女学院は、ここ数年ですっかり名門になったお嬢様女子校。
それほど興味があったわけでもなかったけど、
なかなか、あの敷居の高いS女学院に入ることもないので
OKと返事をし、一緒に行くことになった。

待ち合わせのベローチェに入ると、Gはすでに着いており、
スマホをいじりながら、ロイヤルミルクティーを飲んでいた。
そして、いくつか、たわいのない会話をした。
Gはダンスチームにやたら詳しいみたいだ。

Gは自分のことを、インフルエンサーだと言った。
僕はサイレントマジョリティーらしい。
インフルエンサーって乃木坂の新曲だし、サイレントマジョリティーは欅坂のデビュー曲だし、その用語使ってみたいだけだろ!と思った。
Gはそういう男だ。

Gが、わざわざ今日誘ってきたのは、
レドベルというダンスチームがお目当てらしい。

僕は、レドベルのことは、かろうじて名前を知っている程度。
何人なのかは知らない。
ただ、Gいわく、名門校だけあって
そのクオリティの高さは折り紙付きらしい。

会場に着くと、若い女の子たちで一杯だった。さすが女子校。

しばらくして、レドベルの発表が始まった。
それは、僕が予想していたものとは大きく違った。

以前ほかのダンスチームを見たことがあったけど
その子たちは、ピチピチのパンツに体のラインのはっきりした服を着ていた。
(そのパンツは、びっくりするぐらい股上が深い)
そして、観ているこっちが恥ずかしくなるような、
セクシーといえばいいのか、尻脚強調といえばいいのか、その手のダンスを踊った。

レドベルはまったく違う。
女子校の清楚さを残しつつ、独創的でかわいらしいダンスを踊るチームだった。
これは面白いな。僕は一瞬でとりこになった。

隣で腕組みをしながら、評論家のようにレドベルを見ていたGが久々に口を開いた。

「ああいう女子受けのいい子は、結構しっかりしているようで、しょうもない男と付き合ったりするから俺らだってワンチャンあるよ。」

どう、ワンチャンあるのかわからなかったが、なんとなくそういうものかなと思った。

レドベルを観ているうちに、僕は、
肩幅がせまく小さい身体ながらも、大きく踊る一人の子に釘付けになった。

「ほらほら、あれがアイリンだよ。あの子がこのチームのエース。テヨンに似てるだろ。」

「ほんとだ。テヨンに似てるね」
そう言われたら、テヨンに似ている。テヨンは上級生のもっと人気のダンスチームの子。
インスタが人気で、僕のまわりで知らないやつはいない。
レドベルは、全員がなんとなく似たような顔をしていたが、
その中で、アイリンは特にテヨンによく似ていた。
ほんとによく似たものだ。

「あれ、実はテヨンなんだぜ

あれ、実はテヨンなんだぜ」

Gはなぜか2回言った。えっ嘘っと思ったけど僕は何も反応しなかった。
驚き過ぎて、言葉がでなかったのかもしれない。
少しハッとしたような、そわそわした気持ちで、目はアイリンを追いつつ、耳だけはGの次の言葉を待った。
Gは、少しためた後、中居くんみたいに、軽いため息で前髪をふかして、こう言った。

「テヨンはテヨンだけど、最新のテヨン。
最新になると、ダンスの切れが増すんだ。仕様かな」

Gがなにを言っているのか、全くわからなかった。
最新のテヨン?なんだそれ?最新のテヨンは、最近youtubeで見た。
一人で歌っていた。
前よりメイクが濃くなった気がした。
全く意味がわからない。

「なに言ってだよ」
さすがに、ツッコんだ。
すると、Gは、あごをさすり、少しにやけながらも
ややめんどくさそうに話しを続けた

「ジェシカ知ってるだろ」

「ああもちろん」
ジェシカは、以前テヨンのチームから脱退したあの子だ。
妹が水の中でもかわいいと、街中で噂になったことがある。

「別の高校で今、売れてる女友達ってダンスチームがあるんだけど、
そこのシンビって子が実は、ジェシカ。

シンビは実は、ジェシカ。
ジェシカはジェシカでも最新のジェシカ。
うそみたいにダンスのキレが上がったのも、もちろん仕様ね。」

また2回言った。
正直混乱した。
頭の中が一瞬ブルーバックのやばい画面になった気がした。
わけがわからない。
会場の時計を見て、今の時刻を小さくつぶやいたような気がするが
何時だったのかもわからない。
体感では、それから数分経ったような気がする。

「押忍だな」
魂の抜けたような声と、やや引きつった顔で僕はそう言った
確かにそう言った。押忍だと。
少しこの状況から逃れたかった。
精一杯のリターン。

「そうかもしれないな。
まあ、世の中のものって突き詰めると、ほとんどが押忍なんじゃないかな。
最新のポルシェが最良のポルシェであるようにね。」

Gはそういって、少し口角を上げた。
何を言いたいのか、今日一でわからなかったけど、何も聞かなかった。

僕は色んな雑念を振り払うように
ただただアイリンを目で追っていた。


おしまいける

*追記
ここ2曲ですっかりレドベル好きになりました。

irein1703.jpg
2017/03/02

MPDさんのファンカム

歌番組だと、どうしてもカメラワークのため
無駄な躍動感や、過剰な臨場感がでてしまって、逆に見づらいので
もっと全体が見えるカメラでステージをみたいなーと思っていたら
MPDさんがUPしているファンカムが、まさに全体を撮ってるファンカムなので
最近よく見てます。


[MPD직캠 4K] 트와이스 직캠 KNOCK KNOCK TWICE Fancam @엠카운트다운_170302

どこのポジションでも一生懸命踊るモモの姿がご覧頂けます。

ていうか、この方はMPDさんというのでしょうか?
よくわからないのですが、「MPD + アイドル名」で検索して
ヨチンやら、レドベルやら見ております。

最近のグループは、歌の途中でユニットに分かれたり
変わった動きを挟んだりするので、とても見やすいです。

ただこのMPDさん、たいがいまわりの頭の上から撮影されてますが、
なぜこんな位置から撮れるのでしょう?
腕にマスコミの腕章を巻いて、脚立持ち込み可なのでしょうか?
すんげえ手を伸ばして撮っているのでしょうか?

答えは、身長が2m50ぐらいあるそうです。
ごめんなさい。うそです。

*追記
MPDは、韓国のミュージックチャンネル、Mnetの公式の企画のようです。
Mnet Producer = MPDさん
2017/03/02

堀北引退に寄せて

堀北真希が引退した。

僕は、職場で七夕の短冊に「堀北真希に会えますように」と書いたことがあり
それを後輩の女性に見られたことがある
その時の後輩の「こいつ寒っ!」っていう顔が忘れられない。

堀北は、不思議な女優だった。

horikita170301.jpg


誤解を恐れず言うと、いかにもな美人!って顔じゃないんだけど
堀北は堀北として、その透明感から独自のブランドを築き、一気に手の届かない高みに上った女優じゃないかと思う。
まさかNHKの朝ドラの主役をやるとは思わなかった。


銭形舞や、逆境ナインの十代の堀北は、ちょっと上質なかわいさの漂うJKだった。

horikita170302.jpg


目が大きい。それで頬骨のラインが広めで、あごはシュッとしている。
そして全体としてあどけない顔をしていて、僕にとっては平成っぽさを感じさせる顔だった。
ただ、堀北は厳密には昭和63年生まれだったりする。

目の大きさや顔のバランスからして、若さが似合う顔なので
10代の頃はよくても、これが20代でも引き続き通用するのか謎だったが、
見事、20代でも衰えることはなかった。

horikita170304.jpg


ただ、まさか某氏と結婚してしまうとは…。
あんなハゲと(以下自粛)


horikita170303.jpg

ちなみに堀北は、残念なほどタバコが似合わない

僕は、堀北のおかげで、頬骨の広い顔のストライクゾーンが開拓された気がする。
この手の顔は、バランスが難しいのだけど、いざはまると深い。
将棋で言うと、横歩取りのような。

最近、高橋真麻をスゴイ美人だと思ってしまうことがあるけど
この深みを教えてくれたのは、間違いなく堀北。

そして、この手の顔で、今一番の注目は、TWICEのサナじゃないだろうか。

それもこれも、全ては堀北。
空前絶後の超絶怒涛の大女優。
ドラマを愛し、ドラマに愛された女。
全てのJKの生みの親。

そんなこんなで、いざ書いてみたら、堀北の思い出はそれほどなかったのだけれど
そういうつかみどころのない、永遠の雲の上感が、堀北の魅力だったのではないかと思う。

堀北真希ありがとう。フォーエバー。

horikita170305.jpg




2017/02/25

TWICEの進化

ご近所さんが、あーだこーだ言ってたから
TWICEの新曲ようやく観てみたけど、こりゃ完全に進化だわ。


[TWICE - Knock Knock] Comeback Stage | M COUNTDOWN 170223 EP.512

いわゆるアイドルの「かわいさ」の表現は、日本の専売特許みたいなとこだと思うんだけど、日本はその「かわいさ」がもう何周もしちゃってて、その度により複雑化したり、多様化していってるもんだから、ベタな「かわいさ」は目新しくなく、ともすれば、やややりづらいような気がするんだけど、その部分を、これまで少しづつ少しづつトライしてきて、ようやく嘘くさくないレベルまで上げてきた「韓流かわいさ」が、一気にブレイクして、中央突破で攻めに転じた気がしますわ。以上、わたしの中では長文でしたわ奥さま。
TWICEの外人助っ人、優秀すぎるわ。
赤鬼ボブホーナー級やーん
ミヤーンやーん←言いたいだけ

これまでアイドルに興味がなかった保守的な大衆層を一気に巻き込む可能性はあるね。
他のドルも追随すんのかなー。

Kポヨジャの最後の大花火はTWICEがあげるのだろうか。
それともまだ、この戦いが数年の続くのか、そしてヨチンが(以下略)

twice0225.jpg
2017/02/19

TWICEは少女時代の夢を見るか?

タイトルは、気に入ってます。
TWICEは日本で売れるのか?って話なんですけど。

ソシ以降、群雄割拠の続いたKポ女子ですが、
どうも、世界への挑戦権をまずGETしたのは、TWICEのようで
今年になり、TWICEが日本に来るぞ!来るぞ!的な動きが続いております。
久々の超大型案件ということで、これまでKポ女子で滑り続けてきた市場関係者も、注目していると思うのですが、果たしてTWICEはソシKARA以降久々の成功を収めることはできるのでしょうか?

結論から先に言うと、全くわかりません。以上です。閉店ガラガラ。

というのも、日本のKポ市場において、我々おじさんは、マーケットの外にいる少数派でして、大型案件においては、これまでも、大して影響のない層として、まあまあ無視されております。
ドームやアリーナで稼ごうと思ってるクラスにとっては、おじさんがどう思うかなんて、まったく関係ないんですよ。

あちらのメインのお客様は
韓流おばさま、いまいち年齢不詳のおねえさま、同世代のJKやJDといった、広義の韓流ペンです。
韓流ペンも細分化すると、韓流ドラマ派、SMエンタ派、BIGBANG派、あとは諸派。
諸派っつうても、えらい多いんですが。
だいたいここらへんを核にして、あとは浮動票集め的なアプローチが、これまでの女子グループの狙いどころでした。

2013年に3年目のエーピンが、パシフィコ横浜でB1A4とライブやって、翌年の日本デビューなんてのも、すじがよろしいんじゃないかってお話ですよ。

じゃあ、TWICEは、韓流のおばねえJDJKにウケるのか?
ここが謎ですよね。

ソシの成功は、わかるんです。
当時の日本のアイドルシーンからしても、ダンスやビジュアル面で一歩抜けてて、なにより目新しさがありました。
SMエンタの土壌はあるし、吉本の芸人さんたちも、推してくれたし、
ドルとしてのレベルの高さ、プラスアルファで売るぞ体制が盤石でした。

TWICEは、どうなんでしょうね。
ソシKARA以降、Kポ女子で、日本で売れてるとこないですからね。
それこそKARAのように、韓流ペンの外の層に売れたら、大成功だと思うのですが
ここは、KARA以降どこも成功してない部分です。
キーとなるのは、日本人3人でしょうか。
いずれにせよ、TWICEが日本をどう攻略しようとするのか?
今年非常に興味深いところです。
毎週ゴッドタンに出れば売れるような気がします。あっうそです。ごめんなさい。

twice021901.jpg
161126 TWICE ミニファンミ