2013/11/19

魅力爆発のジヨンがT-araをひっぱる


[1080P] 131107 T-ARA - Greeting + Number 9

グループには今輝いているメンボと
これから輝くであろうメンボとが混在しているものだと思うのですが
これはプロ野球のチームでも似たところがあります。
プロ野球の場合、もっと人数が多いので将来性を見込まれて入ってきても、活躍しないまま現役生活を終える人が多数で、ブレイクする人なんてほんの一握りなわけです。
永遠の逸材で終わってしまう人がごろごろいます。
鱈のジヨンは、光る才能を感じさせる素材ではありましたが、
まだまだ、グループを率いるほどの活躍は出来ていなかったと思います。
まあ下位打線で2割7分5本の期待の若手ではありました。
そんな中で、鱈はいじめ問題が表面化し、人気グループの座から転落してしまいます。
もしかしたら、このまま消えていくかもしれない。
そういう危機感の中、むかえた何度目かの再起戦。
鱈は、3番ジヨン、4番ウンジョンのクリーンナップで臨みます。
再起を若いジヨンに託します。
そしてジヨンが、その期待に応えるわけです。
これまでのそこそこの活躍から一転、素晴らしい活躍をするわけなんです。3割15本打っちゃうんですよ。
とにかく高いヒール履いて、センターで踊るジヨンのセクシーさとキメキメ感が、まじ半端ないんです。
ジヨンが存在感を発揮し、また鱈の存在感を示す活躍をしました。
鱈のNo9の活動は終了しましたが、
今後歌謡祭や賞レースでも見る機会があるでしょう。
鱈はちょっと。。。というなかれ、
恐らくキャリアハイの活躍をしているであろう、今のジヨンは必見です。

tara111903.jpg

脇の下の切れ込みエロい

tara111907.jpg

このポーズをキレイに決めるの意外と難しい

tara111905.jpg

このジヨンかわいい


ちなみに、No9だから、9人でやる野球で例えてみたんでしょ?と思った方、それは違います。
なんでも野球の話か、昭和の話か、仁義なき戦いで語るのが好きなんです。すいません(ぺこぺこ)

*おまけ

131029 티아라 T-ara ~ The Show - All About K-POP ~ Lies

懐かしのコジンマル。

tara111902.jpg

いいね(ポチッ)
関連記事

コメント

確かにジヨン成長しましたね。私はマンネの頃も好きでしたが。
それにしても・・・「4番ウンジ」って、誰?ウンジョンのことですか?
それともA-Pink好きすぎて混ざっちゃいましたか?(笑)

Re: タイトルなし

> パトさん

ぴゃー!まさかのウンジ!
間違うものですね~(^^;)
おっしゃる通り、ピンクの血が流れてるもんで、無意識にそこで切ってしまいました。
ユギョンの呪いです←人のせい

いやぁ 美しいですな。
殊に色っぽさが加わりました。
今やT-araの大看板と言えるでしょう。

ところで、この「Number9」なんですが、私、結構気に入っておりまして、
曲も然ることながら、歌詞がなかなか面白いのです。
(因みに、作曲は、お馴染みシンサドン・ホレンイ)
日本語訳を見てみます。
http://www.youtube.com/watch?v=bJOXaessGMU&feature=player_detailpage

一見すると、恋人に去られた女性の未練、孤独、悲しみを歌った、
割とありがちで、シンプルな内容の詞に思われます。
(タキシード仮面、なんてユニークな表現も出てきますが)
しかし、この詞には、裏の意味が隠されているのです。
まず、引っかかるのは、タイトルでもあり、曲中に繰り返し出てくる「Number9」と言う単語。
歌詞から読み取れば、去っていった恋人を指しているようなのですが、
それにしても、随分変わった「呼び名」だとは思いませんか。
実は、この「Number9」とは鎮痛剤、それも一番強い鎮痛剤を意味しているのです。
(アメリカでは、薬局で一番強い鎮痛剤を頼む時、そう頼むそうです)
ヒョミンが、ラップパート(?)で「I'm adict」と繰り返していますが、
Adictとは中毒者、と言う意味です。
(英語ネイティブの中には、「I'm a dick」(私はでくの坊)と聞こえる人もいるらしいですが)
こうなると、単なる失恋ソングとは違った面が浮かび上がってきますね。
「あなたなしでは夜も眠れない」とか、「胸が苦しい、離れないで」、
なんていうありきたりな歌詞も、全く違う意味に聞こえます。
つまり、これは去っていった恋人への未練を歌った詞であると同時に、
その痛手、苦痛から逃れるために薬物に依存し、
次第に溺れてゆく女の哀れな心情を歌った詞、なのです。
直喩的、擬人的で、なかなか巧みな表現ですね(う~む、感心)
このことを念頭において聴き返せば、又、新たな趣深さが感じられるのではないでしょうか。

日本のアイドルなら、絶対に歌わない「詞」でしょうけど(笑)

Re: タイトルなし

> やすさん

なんと!Number9にはそういった意味が。。。(驚)

こちとら、毎度毎度全く歌詞の意味を理解していないので
背番号9のすごいやつが相手~♪とか 私の私の彼は~背番号9~♪
とかそんなお気楽アイドルソングだと思ってたら、まさかのドラッグ!!

薬物に溺れるなんていったら、まさに、のり(ピー)じゃないですかー!わーわー!
のり(ピー)の事を歌っているのですね!のり(ピー)の事を!
※一部伏字ご了承ください。

と、上のはまあ冗談として(^^;)
今回のNo9は、鱈の開き直りがいい意味で曲の魅力につながっている気がします。
ヒール(悪役)だっていいじゃない。人間だもの。
今回のアプローチはいいですね。