2011/07/09

Kポが時代を牽引し、そして神風が吹く?

それにしても、ほんと偶然ソシに出会って以来、
ブログを更新したりしながら、自分なりにKポを堪能しており
実に日々Kポ充実ライフな訳なんですが

アイドルがかわいいとか、音楽がーとかダンスがーとかも
もちろんそうなんですが、それ以外にも
ネットなり情報端末なりの進化と非常に密接なこのKポの現象は
個人的にひじょーーーーに興味深いものなのです。

というのも、Youtubeを使い世界に発信するアイドルの形というのは
今がはじめてなんですよね。
昔はネットがありませんからね。

ファン同士のコミュニケーションも、ツイッターなり、ファンサイトなり、ネット中心です。

しかもそのネットにつながるツールはPCだけではなく
携帯なりスマホなりの、1人1台のどこでもネットにつながる端末。

いつのまにか当たり前になってますが
この10年で大きく変わったネットの形。
それをバリバリ活用しているKポってすごいなー。

テレビっていうのが、アイドルの主戦場であることは、まだ間違いないとは思うのですが、
ネットに効率的にコンテンツを発信するために、テレビに出るという一面もあると思ってます。
アイドルのビジネスの対象者って、テレビの前ではなく、ネットの前にいるんですもんね。

そういう現象を予測できた、もしくは柔軟に対応できた
SMエンタというかスマンのおっちゃんが、すごいんでしょうね。

韓国でアイドルを育て、ネットを使い発信し
実際はその現地の国で、現地の会社やアーティストと組んで
プロモーションをする。ビジネスをする。
言葉が障壁なら、その国の言葉でCD出す。

しかもCD買ってください!のビジネスではなく
それこそ現地のコンビニでグッズ販売したり
非常に親和性の高い携帯・ネット会社のCFに出たり。。。
(日本の場合、細いアイドルに着目し、食品のCF多いみたいですが)

いやーほんと、こういうスマンのおっちゃんのビジネスモデルって
後はマーケット規模次第ですが
日本でもパリでも、もちろんお隣中国でもアジア全域でも、
もしかしたら美国でも通用するかもです。

今までなら、国内で売れましたー。
海外進出しましたー。一通りお金かけて失敗しましたー。
旨みがないので撤退しまーす。
だったんでしょうけどね。

つーことで、とにかく土曜の朝からKポにハゲしくラブ、ハゲラブな状態です!

と、あまりにも長いので、たまたまタイで見つけた
アイドル Kiss Me Five でも紹介。←タイポ(タイポップ)


One Last Chance -Kiss Me Five

カニじゃなくて、蝶?鳩?鳩かな。
Kポが完全にアジアのアイドル文化を牽引しているのがわかる。

ん?KAMIKAZEレーベルの新人アイドル、Kiss Me Five?
カミカゼ!? つべのアカウント名が we love kamikaze!ドメインが Ilove kamikaze!きてるな~。
SMとかカミカゼとか、これ以上かんべん(笑)



ティーザー

ちゃんとティーザーもあり(^^;)すげー



Kiss Me Five 練習動画

注目は、後ろでfancam状態なスタッフの兄ちゃん。
そこにいるのへンだろwww
三脚ぐらいあるだろー!
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> asunaさん

こんにちはー

色々だだ漏れしない程度に手短に書きますと

見ましたヨ!!
自由な感じで素晴らしい~
(ブログは自由が一番 by アイユ病み)

今後ともよろしくです~(^^)ノ