2017/09/18

アイユの強さ

いわゆるKポップブームが下火になって、しばらくたち
消えてった人達や、まだ残ってる人達がいる。

そんな中、一番いい残り方をしているのはアイユじゃないかと思う。

アイユが単に100年に1人の天才なのか、事務所の大局観が優れているのかはわからないが、全体の変化を見逃さずに、しっかりとアイユ自身のポジションを変化させて、今や1人敵なしの強さなんじゃないだろうか。

Kポの立ち位置が変わってきて、
歌やダンスといったステージ中心から
もっとファンとの感情的な距離の近さや、共感性が求められるようになってきた。

そういう変化を、現象としてわかりやすく言葉にしたのが、同性の女性からの支持を受ける「ガールクラッシュ」なのだろう。

アイユは、そういう変化の中で、ステージでの活動から、
もっと1人の20代の女性としてのメッセージ性に重きをおいた活動に、変えてきたと思う。

ここらへんは、そもそもアイユがダンスうまくないってのと、海外で売れてるわけじゃないってのも、良い面に働いたんでしょう。

また、イ・ヒョリの「ヒョリの民宿」という番組で、歌手アイユではなく、24歳の民宿スタッフとしての等身大の姿を見せるあたり、事務所のそつのなさを感じさせる。

昔、光GENJI時代が終わって、SMAP時代に突入したことあったけど
それと似たような空気を感じる。
華やかな大衆音楽ブームが終わるとすれば、それはそれで、少し寂しいのだが。

iu091802_20170918141407089.jpg

野々村議員ポーズ




아이유 (IU) - 가을 아침 (Autumn Morning)
2017/09/16

夏の雨

「竹ノ塚の駅前のキッチンホトリでBランチ食ったらさあ。
すんごいボリュームで、しかもおいしいのよ。750円だよ。」

この話をした時の、相手の反応はほとんど「へー」
特にこれといった返しもなければ、盛り上がりもない。

ただ、シンビは違った
「お腹すいてたんじゃない?」
さも興味なさげではあったが、言っていることは実に的確だった。
そして、まったくこっちを見るそぶりもなく続けた。

「そもそも、ラーメン柿の木をリピってる人に、味がわかるのかしら?」

確かに、僕はバカ舌だ。
しかも、シンビのご指摘通り、ものすごくお腹がすいていた。
そして、たまたま入ったキッチンホトリが、思いのほか安くて量が多かった。
おいしいというのは、記憶の後付けかもしれない。
薄っぺらさが、すべて見透かされたような気がして、思わず苦笑い。

しょうがない、話題を変えよう。
「そいえばさ、あの夏の雨ってどうなの?」

シンビが所属するヨチンの新曲だ。
この曲は、前月の「LOVE WHISPER」に続く新曲。
2か月連続の、いわゆる高速カムバだ。

「夏の雨?洗濯物が乾きづらいとか?」

シンビは、まったく気にも留めないそぶりだった。
雨で洗濯物が乾きづらいのは季節関係ないだろ。
新曲の話を振られて、気を悪くしたのかな?

「今度の「夏の雨」どうなんだろうな?と思って聞いただけ。嫌な質問だったらごめん」

シンビはようやく、やれやれと言った感じでこちらを見た。

「雨でも嵐で台風でもなんでいいわ。あたしそろそろ帰る」
めんどくさそうに、そう言うと、シンビは席を立った。
そして一瞬遠くを見たかと思ったら、急に
「ところで、アジアの大砲って言えば誰の事でしょうか?」
ややうれしそうに聞いてきた。

「高木琢也」そう答えたが、まったくピンと来ていないようだったので、
「じゃあ、イ・スンヨプ」と答え直した。

するとシンビは、今日一番の満面の笑みでこう言った。

「はい、おじさん残念でした。アジアの大砲といえば今は金正恩でしょ。
正解したら、冷麺おごってあげたのに。」

シンビはそういうと満足げに、帰っていった。


なお、この話には後日談がある。
あの時、僕と話をしていたのは、シンビだとばかり思っていたが、実はシンビではなかった。
シンビはあの時間、ステージにいたみたいだ。
ではあれは誰だったのだろう?

気がつくと外は雨。
秋の雨の匂いがした。

おしまいける

nishino0916.jpg

まったく関係ないけど西野七瀬


※以下注釈
キッチンホトリ:竹ノ塚の駅前にある定食屋。先日たまたま食べたら量が多かった。
ラーメン柿の木:地元のラーメン店。セットの量が多い。味の記憶がまったくないので、気になって再訪する。そして行った後しばらくすると味の記憶がない(続く)
夏の雨:ヨチンのカムバ曲
夏の嵐:先日、ある方がデビュー10周年を記念して出した新曲
西野七瀬:乃木坂の子。若い子の名前あんまり知らないけど、西野七瀬だったらギリ知ってる
2017/09/12

TWICEと、この先のドルの方向性

まあ今年も色々ありましたが
今年一番の大きな話題は、TWICEのイルデで間違いないと思う
今日この頃であります。

TT日本語版、いい曲ですね。
あれを街のどこかで聞くと、うれしくなります。
そんな曲、スキャットマン ジョン以来じゃないでしょうか(※個人の感想です)

TWICEは、ほぼKポ女子の現在形の進行形の完成形で間違いない系でしょうね。
それに続くのが、レドベル、カウベル、河口湖ショッピングセンターベルといったとこで。

それで、最近のKポのニーズといいますか、取り巻く環境に変化を感じるようになりました。
5年ほど前って、ドルは、楽曲やダンスが売り物で、それをようつべで発信して、ファンがSNS拡散や、ファンカムで支える。みたいなのがあったと思うのですが、それが、ちょっと変わってきたなーと。
ドルに求められる要素が、楽曲やダンスといったベクトルから、話題性や流行の発信力に、風向きが変わってきた気がします。
ダンスのクオリティは、それほど問われなかったりするのかなあ。

まあこういうのも、流行りすたりありますから。

ポイントになりそうなのが、同世代への影響力なんすかね。
歌やダンスがうまくても、ダサいとこはダメなんですよ。これから先は。

そもそも顔に愛嬌があって、私服がおしゃれで
インスタ映えしてるドルじゃないとダメなんですよ。
そのうちインスタの生配信に強い「国民のインスタの妹」みたいな子も出てくるかも←わかりづらいわ

同世代の若い子がモテるために参考になる、影響力を持つドルが、これからは重宝されていくような。
インフルエンサーですよ、インフルエンサー。
秋元康の言う事聞いてれば、間違いないんですよ。きっと。

ということで、TWICEを超えるには
あれを凌ぐかわいさ&しゃれおつなドルを集めないといけないんで、
大阪桐蔭ばりの、スカウト力が必要になってくると思いますよ。

大阪桐蔭なんて、中学時代に日本代表になったやつ何人いると(以下略)

asahina0912.jpg

まったく関係ないけど朝比奈彩

注)この記事は、たまたま日本のインフルエンサーに関するネット記事を読んだ後に書かれたため、残念ながら、おじさんそれなりに流されてます。
2017/09/03

イェリにたま〇ん掴まれたら、レドベルペン

まずは日本代表のサッカーW杯出場おめでとうございます。
Kは違うグループで、やたら苦戦しているようですが、
どうにか頑張ってもらいたいものです。

またまたレドベルの話です。
最新のKポについていけてない者としては、
これぐらいメンボの人数が少なくないと、ちょっと覚えられないという…。

まあレドベルは、いいグループなんですよ。
話題性があるわけじゃなく、やや地味目に感じられる部分もあるんですが、
非常にメンボの役割分担がきっちりしていて、すんばらしいんですよ。

まず、しつこいですけどアイリンなんですな。
このグループの顔ですわ。
いつでもレイクのCMに出れるぐらい、爽やか優等生です。
レドベルは基本、顔でおとすグループなんで、顔大事です。

そんで、世の中には、モデルみたいに背が高くてしゅっとした女の人を好きな人がいるじゃないですか、
そういう人はどうぞジョイに。となっております。

ただね、アイリンにしても、ジョイにしてもきれいな顔してるんですけど、決してキャラが立っているわけじゃないんで、大人数の勢いのあるドルに比べて弱い部分があるんですけど、それを支えてるというか、そういうウイークポイントを、なきものにしているのがスルギです。

初心者は、アイリンやらジョイやらスルギの顔が、区別がつかないんです。
そういった中、観る側を錯乱させるかのように、レドベルのちょっと変わったダンスを、きっちりおしゃれに、たまに妖艶に踊っているのがスルギです。あのダンス全部スルギが考えてんじゃないのか?ってぐらい、完璧ですわ。
ここ大事なんですよ。
一気にダンスグループとしての格を上げてますから。

てかね、よくよくみると、スルギがいるから成立しているようなもんで、
スルギがいなかったら、レドベルの独特のダンスは、ぐだぐだになってもおかしくないんですけどね。
他のメンボは、そんなダンスこだわってなさそうだし(諸説あり)

そして、外人好き担当は、ウエンディです。カナダ育ちですから。
韓国生まれでも、カナダで育つとカナダ人みたいに風貌になるから、育つ環境というのは不思議なものです。
歌うまらしいですね。そこまで知らないんですけど。

そんで、顔担当、モデル担当、外人担当が集めたニワカ達を、スルギが錯乱戦法で、ペンの輪の中に誘いこむわけです。
定置網漁みたいなもんです。
「うちは顔の似た子ばっかりなんです~。どうぞ~ゆっくりしていってくださいね(ハート)」的な感じで。
ほほーこれはいい子達やなー。皆かわいい子やし。ではお言葉に甘えて、ゆっくりしようかー。さて靴下脱いで、部屋着に着替えようかーと、ズボンを脱いだ時に、背後からたま〇んをギュー!って掴むのが、イェリですわ。
これで勝負ありです。
ケーヒルが途中交代で出てこようが、問題ありません。

もうね、イェリにたま〇ん掴まれたら、レドベルペン
これ間違いないですわ。

このSMエンタという超大手事務所の真面目なグループに、なぜかイェリというギャルがいるわけで、このイェリのギャルエッセンスが隠し味となって、レドベルに深みを出しているわけなのです。
奥が深いっすねえ、メンボ編成って。

yeri0903.jpg

Red Velvet Premium Showcase “ReVeluv-Baby Party”
【日程・場所】
2017年11月6日(月) 東京都:恵比寿ザ・ガーデンホール
開場18:30/開演19:30

レドベルのショーケースが、秋に開催されるようですが、
まあ狭い会場ですし、おっちゃんが申し込んでも当たらんでしょうなあ
てか月曜日って
2017/08/30

2017年のヨチンを語る

中村: 今夜はついにマジトーク。ヨチンを語ろうと思う。
鈴木: ほー、そういえばヨチン好きだよな。
中村: 好きなんだよ。特にシンビがな。
鈴木: みたいだな。
中村: 今日はマネーの虎なみに、プレゼンまとめてきたから。
鈴木: なつかしいな。
中村: えーでは、えーヨチン、ヨt
鈴木: ヨチン。ヨチンといえばドリーム。
中村: なんでお前が話はじめんの?
鈴木: まあヨチンは、ゆうたらKポ好きのドリームでしょ。
中村: なんでお前が語るんだよ。
鈴木: ヨチンは「もしも少女時代が、進化せずに初期ソシのまま活動したら?」っていう、Kポ好きの夢の続きなんだよ。さも誰かが、もしもボックスに吹き込んだようなさ(遠い目)
中村: なんだそれ。
鈴木: うまいこと言ったもんだろ。
中村: いや、全然ダメだな。ドッキリに気付かないフリをする筧美和子の演技以下。もし俺の前にもしもボックスあったら、そんな「もしも初期ソシがー」みたいな、意味不明なことは言わない。
鈴木: そこかよ。お前なら何て言うんだ?
中村: そうだな、「もしもTWICEの衣装が全裸だったら?」って言うな。
鈴木: おいおい話しが変わってんじゃねえかよ。
中村: いいんだよ中村鈴木は俺が主役なんだから。
鈴木: 違うわ。大体、なんだその中坊みたいな、もしもは。
中村: 夏休みはこういうのがウケるんだよ。
鈴木: ウケないわ。もし全裸だったとしても、ボーボーなだけだろ。
中村: あーわかってないなーBob Girlsペンは。
鈴木: 違うし。
中村: あのね、TWICEの2人はツルピカはげまるくんだよ。
鈴木: なんでだよ。
中村: TWICEみたいに、常に競争の世界に身を置いてるアイドルは、とにかく差別化がDNAにしみ込んでんだよ。差別化が。
鈴木: だから?
中村: 差別化で、2人は先回りして、すでにツルっとやってるんだよ。ほんとは1人で十分だけど、そこで被るところが、競争アイドルの悲しい佐賀北よ。
鈴木: … …。
中村: ポートピア連続殺人事件のヤスじゃないんだから、しゃべれって。
鈴木: ごめんごめん、聞いてなかった。だいたい「TWICEが全裸だったら?」みたいなのは、お前みたいなおじさんが言ったら、アウトだから。
中村: おかしいだろ。
鈴木: おかしくないね。おじさんが言ったら、完全アウト。なんとかハラスメント。
中村: え?じゃあ、手越くんが言ったら?
鈴木: それはセーフ。
中村: ジャスティンビーバーが言ったら?
鈴木: それもセーフ。
中村: なんだそれ。高校野球の審判が負けてる方に甘い的な。
鈴木: 例えが微妙に間違ってるけどな。
中村: じゃあ、松潤が言ったら?
鈴木: 葵つかさがdmmの本日のランキングで1位になる
中村: 細かいわ。
鈴木: それでは、この流れでヨチンを語ってください。どうぞ!
中村: そうそう、ヨチン、ヨチン…って忘れちゃったけど、とにかく1000万円ください、なんでんかんでん社長!
鈴木: そこだけマネーの虎かよ。

tzuyu0830.jpg

「わー今回文章が仕上がってる~」と喜ぶツウィ(諸説あり)